フェネレッド

フェネレッド

フェネレッドはインドを拠点としているRSMエンタープライズが開発しているプロペシアのジェネリック医薬品ですが、含まれている成分はフィナステリドが中心となり、これが男性ホルモンの働きによって促進されるAGAの薄毛に対して効果を発揮します。
ちなみに今でこそAGAの治療薬として周知されるようになったフィナステリドですが、元々は前立腺の肥大やガンを治療、予防するために広く使用されてきた医薬成分であり、これらの用途で使用する過程でAGAに対する効果があるということが分かりました。
フェネレッドを使用する場合は一日に一回を目安として、一回量は一錠となりますが、使用に関する時間に対しての明記は無いものの、使用する時間はなるべく統一するようにすることで飲み忘れなどが無くなります。
また、男性ホルモンに作用してAGAの治療効果を得ることができるという性質の医薬品となっているため、まずは頭皮の毛髪サイクルからの改善となりますが、効果が実感できるまでには数カ月以上の時間がかかることが想定されます。
副作用に関しては内科的な部分に関しては胃の不快感や食欲低下などがあり、肝機能障害など重篤な副作用の症状が現れることも稀にありますが、男性ホルモンの作用による副作用にも性欲の減退、精子の減少などの副作用があります。
また、用法用量を守って服用していても稀に過敏症などの症状が出ることもあるので、この症状が出た場合は直ちに服用を中止して医師に相談する必要があります。

関連記事

  1. プロペシアジェネリックの注意事項
  2. プロペシアジェネリックについての効能・メリット
  3. プロペシアジェネリックの用法や用量
  4. れびとらの注意事項
  5. れびとらについての効能・メリット
  6. れびとらの用法や用量
  7. ミントップ10%
  8. ノキシジル10mg
  9. ノキシジル5mg
  10. ペロスタ1mg