デュタゲン

デュタゲン

デュタゲンはインドに拠点を置いているランバクシーと呼ばれる製薬会社が製造しているアボルブのジェネリック医薬品ですが、ランバクシーは世界7ヶ国に工場を置いている大手の製薬会社で、現在は第一三共が買収しています。
デュタゲンは男性に多い薄毛の原因となるAGAに対して効果を発揮することから、AGAの治療薬として使用されることが多くなっていますが、デュタゲンの主成分となっているのはデュタステリドと呼ばれる成分で、これがAGAに対して働きかけることで薄毛の症状などを抑制することができます。
使用に関しては0.5mgを目安として一日に一回というのが基本となりますが、使用してから効果が出るまでにはかなりの時間が必要になり、最初の頃は効果実感が出ない場合が多いのが特徴です。
そのため、自分で判断して用法用量を超える服用をすることも少なくないのですが、たくさん服用したからと言って効果実感が早く出るというわけではなく、かえって副作用のリスクなどを高めてしまう可能性があるため、必ず用法用量を守って服用するようにしましょう。
デュタゲンを服用することによる副作用としてはじんましんやアレルギー反応、発疹、血管浮腫などがありますが、デュタゲンに含まれているデュタステリドが起因して勃起不全や精子減少など男性機能に何らかの症状が出ることも稀にあります。
また、肝臓に疾患がある場合の使用は避ける必要がありますが、女性や子供の使用に関しても原則は不可となります。

関連記事

  1. プロペシアジェネリックの注意事項
  2. プロペシアジェネリックについての効能・メリット
  3. プロペシアジェネリックの用法や用量
  4. れびとらの注意事項
  5. れびとらについての効能・メリット
  6. れびとらの用法や用量
  7. ミントップ10%
  8. ノキシジル10mg
  9. ノキシジル5mg
  10. ペロスタ1mg