プロペシアジェネリックの用法や用量

プロペシアジェネリックの用法や用量

中年男性以降になると頭髪が薄くなる人が増えてきますが、この主原因となるのがAGAと呼ばれる男性型の薄毛で、特徴的な薄毛のパターンを示すという特徴があります。
他の薄毛と違って原因がはっきりしているという点は救いですが、AGAによる薄毛発症率は高くなっているため、関連した薄毛対策アイテムや育毛剤は多く開発され、臨床結果を重ねて販売されています。

その中でもフィナステリドという医薬成分が主成分となり、高い薄毛対策効果を発揮すると言われているのがプロペシアで、元々は前立腺に現れる病的な症状に対しての治療薬として服用されていたフィナステリドに薄毛を改善する効果があるということが偶発的に発見されました。
人気の高い医薬品ということで関連するジェネリック医薬品も多く販売されていますが、プロペシアジェネリックとして有名なのはシプラ社が開発しているフィンペシアやドクターレッディースラボラトリーズの製造しているフィナックスなどがあります。

プロペシアジェネリックの用法については一日に一錠を目安として服用しますが、効果の程度によって服用量を増やすことはあるものの、その場合は自己判断で勝手に決めるのではなく必ず医師に相談してから服用量を変える必要があります。
また、効果が見られないからといって勝手に服用量を増やすのは厳禁で、効果が現れないだけでなくフィナステリドの薬効によって様々な副作用のリスクを高める可能性があるので注意が必要です。

関連記事

  1. プロペシアジェネリックの注意事項
  2. プロペシアジェネリックについての効能・メリット
  3. れびとらの注意事項
  4. れびとらについての効能・メリット
  5. れびとらの用法や用量
  6. ミントップ10%
  7. ノキシジル10mg
  8. ノキシジル5mg
  9. ペロスタ1mg
  10. フェネレッド