れびとらの用法や用量

れびとらの用法や用量

れびとらは男性の性の悩みで多い勃起不全に対しての治療薬として広く使用されていますが、勃起不全というのは女性との性行為において通常なら勃起するはずの男性器が勃起しない症状のことで、症状が顕著に見られる場合は女性が性的な興奮を得られないばかりではなく性行為そのものができないことがあります。
また、性行為の目的が男女のスキンシップであれば勃起不全の問題はゆっくり解決したのでも問題ありませんが、年齢を重ねた女性との性行為で目的が妊娠の場合は不妊の主原因となるため、早期に勃起不全の症状を改善する必要があります。

れびとらの含まれている主成分はバルデナフィルという成分ですが、この成分の作用機序によって勃起不全の症状を改善する薬理効果が期待されるため、勃起不全によって性行為ができないという問題が表面化しているカップルや夫婦の性行為が可能になります。
用法については一日に一回の服用が原則で、一回あたりの服用量は医師の指示に従う必要がありますが、一般的に販売されているのは5mg、10mg、20mgとなっていますが、薬理効果が出るまでの時間は15分程度なので、性行為が始まる直前に使用したのでも構いません。

服用する場合はいきなり最初から多くの量を服用するのではなく、少量ずつ服用して効果を確認しながら服用するのがベストで、服用量が増えるほど薬理効果が高くなる一方で体に対しての負担が強くなるため、できれば服用する量は少ないに越したことはありません。

関連記事

  1. プロペシアジェネリックの注意事項
  2. プロペシアジェネリックについての効能・メリット
  3. プロペシアジェネリックの用法や用量
  4. れびとらの注意事項
  5. れびとらについての効能・メリット
  6. ミントップ10%
  7. ノキシジル10mg
  8. ノキシジル5mg
  9. ペロスタ1mg
  10. フェネレッド