トップページ

トップページ

薬を服用する際に注意すべき事として服用するタイミングが挙げられます。例えば、食後に服用することという注意書きがあったとしても「食後っていつ?」という疑問が出てきます。「薬のベーシック講座」では様々な薬の紹介のほかに薬の服用タイミングについて解説しているので参考にしてください。

タイミング

薬は胃の中に状態によって効果にばらつきがあるケースが多いので必ず、医師や薬剤師に指示された用法を守るようにしましょう。食前、食後など食事の時間を軸にして服用することが多いのは最大限の効果を得るための他、飲み忘れを防ぐ目的もあります。
用法で指示されている具体的な時間を以下にまとめましたので服用タイミングの参考にして下さい。
・食前:食事の前の約30分
・食後:食事の後の約30分
・食直前:食事の直前
・食直後:食事の直後
・食間:食事と食事の間(食後約2時間)
・食中:食事をしているとき
・起床時:起床直後
・就寝前:寝る前の約30分
・時間ごと:食事には関係なく指示された時間に飲む
仕事の関係やご自身の生活リズムなどから一般的な時間に食事を摂れなかったり、摂らなかったりする方がいます。そういったケースでもしっかりと服用することが重要です。
例えば、朝食を摂らない方でも起床後約2時間たったら薬を飲むようにしましょう。また、昼食や夕食の時間がバラバラである場合は服用する時間を決めて飲むようにして下さい。たとえ、食事の回数が2回だったとしても1日3回の服用を指示されている場合は3回、しっかりと飲むようにして下さい。
注意事項として糖尿病の薬などは食事に合わせて服用するようにして下さい。
気を付けていても、もし薬を飲み忘れてしまった場合は、思い出した時点で服用するように心がけましょう。ただ。次の指示時間まで時間がない場合などはその回はあきらめるようにして、決して2回分を1度に飲むようなことはやめてください。体調が悪くなったり、副作用が出る可能性もあります。
稀ではありますが、服用を忘れてしまったその日だけ服用方法を変えるケースもあるのでその際は医師や薬剤師にご相談ください。